CALENDER

03 « 2017/04 » 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

GT-march

  • Author:GT-march
  • プロフィール:
    出身・在住:神奈川県
    愛車:
    撮影機材:
    Canon EOS 5D MarkⅢ
    ・15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
    ・EF16-35mm F2.8L II USM
    ・EF24-105mm F4L IS USM
    ・Zeiss Planar T*1.4/50 ZE
    ・EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
    ・EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM
    ・EXTENDER1.4×Ⅱ

    Canon EOS M
    ・EF-M22mm F2 STM
    ・EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
青空と恐山
osore-3.jpg


恐山はいわずと知れた日本三大霊山(恐山、高野山、比叡山)、日本三大霊場(恐山、白山、立山)、日本三大霊地(恐山、立山、川原毛)の一つで、862年に慈覚大師 が開山したと言われています。
友人夫婦がどうしても行きたいと熱望されてしまったので足取り重く恐山に行きましたが、澄みきった青空の恐山はある意味異空間でした・・・
やはり恐山には曇りが似合います。


osore-1.jpg

↑宇曽利湖河口に掛かる橋。悪人には、この橋が針の山に見えて、
渡れないと言われているらしいのです。
それにしても青空は見合いません・・・

osore-4.jpg

↑恐山境内を奥に進んだ硫黄の噴出す岩場・・・
至る所から硫黄が噴出し、積んである石に置かれている多くの硬貨も酸化していて、まさに霊界へと続く入口の光景ですが、この日は爽やかな青空で入り口も閉じていたようです。良かった・・・

恐山といえば死者の御霊を呼び、口寄せを行なうイタコがいる霊場として有名ですが、普段はいないようです。(居るときもあるらしい)
恐山大祭と恐山秋詣りのときはイタコはいるとのことです。


青森 | 2005/09/16(金) 23:06 | Trackback:(1) | Comments:(4)
とっても天気が良かった日の恐山で、逆に良かったですね?(笑)
硫黄の噴出す岩場ですか・・・ゴツゴツ感が何とも言えませんな。
2005/09/18 日 21:10:12 | URL | マーチ娘。 #-編集
肩が重くなってませんか??



私もです。
2005/09/19 月 22:08:32 | URL | 将軍様(村民改め) #42egf1U.編集
あまりにも爽やかすぎで雰囲気ゼロでしたよ(笑)
晴れ男の自分に感謝です!
2005/09/21 水 11:12:29 | URL | GT-march #-編集
昨年1207Blueさんと通ったときには曇っていたので雰囲気にやられてしまいました・・・
ちょびっと身体が重く感じたかも知れません(笑)
2005/09/21 水 11:14:32 | URL | GT-march #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

宇曽利湖宇曽利湖(うそりこ)は、下北半島のほぼ中心にある湖。湖全体が青森県むつ市に属する。地図上では宇曽利山湖と表記されているが地元では宇曽利湖と呼ばれている。そのため地図の表記を宇曽利湖にしようという動きがある。地理恐山山地の剣山の噴火で形成されたカル
2007/08/04 Sat 14:48:39 | 湖の森


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。