立佞武多(たちねぷた)

青森
08 /06 2005
tachi-1.jpg

今週は青森県内各地で色々ねぶた祭りが行われております。
弘前の「ねぷた」五所川原の「立佞武多(たちねぷた)」青森市の「ねぶた」と有名どころの解説をしたいと思います。
それぞれのねぶたには意味があり出陣の祭りが弘前ねぷた、合戦の祭りが五所川原の立佞武多、凱旋の祭りが青森ねぶたと言われております。
私は時間の都合で合戦の五所川原の立佞武多しか見れそうも無いので他のねぶた祭りは来年の楽しみに取っておきます。
弘前、青森市のお祭りの様子は1207Blueさんのブログで臨場感溢れる様子が伺えます。
tachi-2.jpg

↑出陣前の立佞武多!
いかに大きいか分かりますよね!
tachi-3.jpg

↑食べられちゃいそうです・・・
tachi-5.jpg

↑「やってまえ~やってまえ~」と威勢の良い掛け声!
私の地元には「祭り」と呼べるものが無いのでうらやましいです。
tachi-4.jpg

五所川原の運行コースは電線類を地中に埋めているので巨大な立佞武多が通れます。
シーズンオフでも立佞武多の館でプチ体感できますよ。
tachi-6.jpg

↑出陣後の立佞武多の館
案外レアですよね!

コメント

非公開コメント

必見の価値アリ、と見た

大きさのすごさが伝わってきます。青森ネブタとともに、必見に価値あり!と思っていますが、今年は下北半島で手一杯で観にいけませんでした。
オヤジの職場の人は何人か行っていたようですが。

(^_-)

そうそう、遠くからでも大型ねぶたの頭が見えて
動いていくのが凄かったけど、ヘタレデジカメでは
限界超えてました・_| ̄|〇

おぉ~!!!

ビルと比較してある、立佞武多の写真で、
どれほど背が高いのかが一目瞭然ですね!!
遠く離れて写真を撮るのも、比較する・・・という視点でいいですね!
勉強になりました☆参考にさせていただきます!
電信柱の地中化・・・これは八戸の街中の課題です!!
一部では工事発注されているはずですが。

確かに必見の価値アリでした。
少ない時間の中で立佞武多は観たいと考えていたのですが、あまりの大きさに見上げ続けて首が疲れました・・・

みちのく温泉マンさま

私はデジカメの性能を使いきれていないので1207Blueさんに日々指導して頂いているのですが、なかなか上手く撮れませんね。
最近ちょっとづつ理想の写真が100ショット中1枚くらい出てきて嬉しいです。

マーチ娘。さま

三社大祭で夜間撮影失敗しまくったので今回は失敗ショットが8割で済みました(笑)
お褒めの言葉に「エヘヘッ」って感じです!
(褒めたら伸びる子なんです・笑)

GT-march

プロフィール:
出身・在住:神奈川県
愛車:
撮影機材:
Canon EOS 5D MarkⅢ
・15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
・EF16-35mm F2.8L II USM
・EF24-105mm F4L IS USM
・Zeiss Planar T*1.4/50 ZE
・EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM
・EXTENDER1.4×Ⅱ

Canon EOS M3
・EF-M22mm F2 STM
・EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM
・EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM